見た目に自信がない人が自信を持つ方法

月一万円をゲットする方法

誰でも簡単に月一万円をゲットする方法

【誰でも簡単に月一万円をゲットする方法】
あと一万円あったらな〜
と思う時ってありますよね。
でも月給だし〜 増えないし〜と 最近は残業も規制されていますので、なかなか今の職
場ではあと一万円を増やす事は難しくなっています。
でも あと一万円あれば、、
思わず手を出してしまうのは、
パチンコ、競馬、宝くじ(スクラッチ、ロトなど
を含む)ですが、基本的には絶対プラスになるという補償がないので、
さらにお金を失ってしまう可能性
があります。
ではどうしたら良いのでしょう?
そんなことを考えた時に 思い浮かべるのが副業です。
月一万円なら 案外楽にゲットできます。
では月一万円をゲットする計算方法で行きましょう。
副業をする場合には どんなことが割に合うのか合わないのか

という視点が必要です。 自分に合ったものを選べば続ける事ができます。
でもうちの会社副業禁止
なのですよ〜
という会社もあると思いますが、現在の厳しい経済環境では、理由が正当なら許可すると
ころもありますので、頼んでみましょう。
一番通りやすいのは、週末か 金曜日の夜に副業をすることです。
副業の問題点は、本業に支障が出ては困る とい
う事です。
支障がなければ良いのです。 そういう事です。
住宅ローンや借金がある人は素直に言えば、良いと思います。
黙って副業をしてバレてしまった時は、かなり最悪な状態になりますので注意が必要です。
副業がバレるのは、確定申告した場合に住民税が会社から天引
きされるために、同じ収入の人が居るのに、この人だけ住民税がなぜか高
いということでバレます。また、副業で収入が出てくると自慢してしまってバ
レる場合があります。
確定申告を行う場合に、普通徴収を選べば、自宅に住民税の支払いが来ますのでバレませ

んが、普通の社員で普通徴収しているとやはり変だと思われるでしょう。
その辺は自己責任です。
さて 一万円を稼ぐのには
時給で稼ぐか、個数で稼ぐか
どちらかです。
例えば 時給800円のバイトがあったとします。一万円を稼ぐのには
どうすればいいのかというと 単純に割り算をします。
10000÷800=12.5 になるので 12.5時間働くと一万円ゲットします。
一ヶ月を四週間とすると 12.5÷4で 3.125時間です。つまり3時間ちょいです。