見た目に自信がない人が自信を持つ方法

誰でも簡単に月一万円をゲットする方法

という会社もあると思いますが、現在の厳しい経済環境では、理由が正当なら許可すると
ころもありますので、頼んでみましょう。
一番通りやすいのは、週末か 金曜日の夜に副業をすることです。
副業の問題点は、本業に支障が出ては困る とい
う事です。
支障がなければ良いのです。 そういう事です。
住宅ローンや借金がある人は素直に言えば、良いと思います。
黙って副業をしてバレてしまった時は、かなり最悪な状態になりますので注意が必要です。
副業がバレるのは、確定申告した場合に住民税が会社から天引
きされるために、同じ収入の人が居るのに、この人だけ住民税がなぜか高
いということでバレます。また、副業で収入が出てくると自慢してしまってバ
レる場合があります。
確定申告を行う場合に、普通徴収を選べば、自宅に住民税の支払いが来ますのでバレませ
んが、普通の社員で普通徴収しているとやはり変だと思われるでしょう。
その辺は自己責任です。
さて 一万円を稼ぐのには

時給で稼ぐか、個数で稼ぐか
どちらかです。
例えば 時給800円のバイトがあったとします。一万円を稼ぐのには
どうすればいいのかというと 単純に割り算をします。
10000÷800=12.5 になるので 12.5時間働くと一万円ゲットします。
一ヶ月を四週間とすると 12.5÷4で 3.125時間です。つまり3時間ちょいです。
金曜日の夜から日曜日の夜までに
時給800円のアルバイトを 3時
間程度毎週続ければ 一万円ゲッ
トできます。 案外簡単ですよね。
土日遊びたい人には、金曜日の夜のバイトを探すのが良いでしょう。
コンビニ、24時間やっているスーパー、飲食店など、週一でも欲しい所はあります。
金曜日の夜の3時間なら出来ますよね。
個数で稼ぐ場合、これは内職(ライティングなども含む)や紹介業を指しています。
内職では、昔ながらの何かを作って納品するという物と、ホームページを作成したり、記
事を書いたり、データベースを作ったりする事です。

一個 一件に対していくら となっています。
例えば一件200円の仕事があっと
すると 10000 ÷ 200 = 50
50 件こなせば良いのです。
紹介するのはインターネットではアフィリエイトと言われますが、紹介するものの単価
によりますが 一件200円だったとすると 50件紹介したものが購入につながれば
良いのです。
時給のほうが良いなと思う人と 個数で稼ぐのがいいなと思う人がいると思いますので、
自分が簡単だなと思う物を月にこなせば
一万円がゲットできます。
どちらの方法にしても、まずは時給又は単価を計算して、自分の合うやり方を選び続けて
いくのが重要です。
確実にやれば一万円はゲットできます。
月一万円程度ならどちらの方法でも簡単にゲットできますのでやってみてください。